エアロパーツの種類と特徴

自動車の走行性を左右する重要なパーツの一つにエアロパーツがあります。一般的にはエアロと言われますが、このエアロには様々な種類があります。車体後部のトランクなどに取り付けられているエアロはウィングと呼ばれたり、スポイラーと呼ばれたりもします。様々なエアロがありますが役割は全て同じです。走行中、進行方向から受ける風の力をエアロで受けることにより、車体を地面へ押し付ける働きをします。ダウンフォースと呼ばれる力ですが、このダウンフォースを利用し、車体を地面に押し付けることで、タイヤがより地面を捉え、加速性やハンドル操作性を向上させるのが主な目的です。ですがこのエアロ、取り付ける車種にしっかりと見合ったものでなければしっかりとエアロの効果を発揮するばかりか、返って車の性能を低下させてしまうことさえあるのです。例えば前輪駆動車なのに後輪側に大きなエアロを装着してもあまり意味がありません。駆動しているタイヤは前輪なのでダウンフォースを利用するのであれば、駆動する側にエアロを装着しなければ意味がないからなのです。このように、エアロは取り付ける車種や、形状次第で自動車の性能を左右する重要なパーツなのです。

Filed under: 未分類 — えっちゃん 5:23 PM