フロントスポイラーの役割

エアロパーツの中で、エアダムとも呼ばれているのが、フロントスポイラーです。これは、ただ単に車をドレスアップするだけのものではありません。このパーツは、主に車体の下方への空気の流入を抑制し、さらに揚力を低減させるという役割があります。
このパーツには、フロントバンパーと一体式になっている「フロントバンパースポイラー」、またフロントバンパーの下部に装着させる「フロントアンダースポイラー」・「フロントリップスポイラー」などがあります。
このスポイラーを装着した場合、パーツにウィンカーなどの重要保安部品が付いていた場合には、オーバーハング規定が採用されます。この場合、最低部が最低地上高となる場合がほとんどですが、パーツに何も付いていなかったり、リップスポイラーなどの場合には、オーバーハング規定は採用されず、最低地上高の対象外となります。
一般的にフロントやリアバンパースポイラーなどを装着すると、空力効果があるように感じますが、ドラッグの低減と効率的な開口を重視しているものなどは、保安面の上でも目的にかなっていると言えます。保安上、空力的に確実に効果のあるパーツというのは、まだ技術的にも開発が難しいため、ドレスアップ性が主な目的として置かれており、その技術はとても優れたものが多いです。

Filed under: 未分類 — えっちゃん 5:23 PM