ガルウイングドアの特徴

ガルウイングドアとは、車体の左右の外側に向かて開くドアとは異なり、ルーフとドアを接点にして地面に対して垂直に展開する形で開くドアの事です。
その形から、カモメノ翼と言う意味で、ガルウイングと呼ばれています。
1954年に発表されたメルセデ・スベンツ300SLが、市販の乗用車として初めて採用し、それ以降は主に高級スポーツカーが採用しています。開閉するために必要な横方向のスペースは、通常のドアより少なく、アシスト用のガスダンパーが劣化すると、開閉操作が重くなってしまいます。また、サイドシル部分が太く設計されていた場合には、横開きドアでは上行性が悪化するので、それ解決手段に、車体剛性を確保した物は、ルーフ部まで開口できるドアが採用。また、低い車高の車の乗降性を高める目的でもこのドアが使用されています。
ルーフが下になって転倒した場合に、ドアが開かず車内に閉じ込められる可能性があったため、車体の変形でフロントガラスが外れたり、現在は強化ガラスなので不可能ですが、フロントガラスを蹴り壊すようにするように、設計上での配慮も行われています。
ドアを開けるのに、かなりの力が必要で、市販車には必ずダンパーが付いていますが、その分コストも高くなります。しかし、それでも現在に至るまでその人気をもち続けられるのは、洗練されたデザインの素晴らしさによるものです。

Filed under: 未分類 — えっちゃん 5:22 PM