ハッチ型ドアの特徴

ハッチ型ドアとは車体後部にある大型リアゲートのこと。トランクのドアと呼んだ方がピンとくる方も多いかと思います。ハッチバックと言う車種に採用されるドア形式です。ハッチバックの車両の最大の特徴はトランクルームと乗車席が一体型となっていること。セダンタイプのようにトランクルームが独立していないため、乗車席を積載スペースとしても使用できることから非常に使い勝手の良い車種として高い支持を得ています。助手席を倒すことにより、サーフボードやスノーボードも積載することができるため、アウトドアスポーツやレジャーを楽しむ人にも人気の車種です。また、ハッチバックは車体をコンパクトにすることができるため、道路の狭い日本においてはとても重宝する車種です。その他女性や初心者など運転に自信のない方でも人気があります。このようにハッチバック車種に搭載されているリアゲート、トランクドアのことをハッチ型のドアと呼んでいます。その他の特徴として大型のガラスがついているため、後方確認がし易いといったメリットもあります。また、リアゲートの位置で車体の最後部が大まかに把握できるため、バックで車を駐停車させる際などもセダンタイプと比較すると簡単に行うことができます。

Filed under: 未分類 — えっちゃん 5:22 PM